【初心者におすすめ】パンづくりに困ったら読む本

ABOUTこの記事をかいた人

パン職人。1989年生まれ。鳥取県鳥取市出身。

筑波大学卒業後、茨城県のパン屋で修行し、店長を経験。その後、結婚を機にふるさとの鳥取にUターン。

クラウドファンディングで開業資金を集め、「パン工房ほとり」を開業。

パン職人専門オンラインサロン「パンと生きる」オーナー。Twitterも更新中。

(パンの購入はこちら)




こんにちは。しょうたん(@v_shota_v)です。

パン作りをしていると、上手に膨らまなかったり、何のための工程か分からなかったりと、沢山の疑問が生まれると思います。

そこでおすすめの本が、「パン作りに困ったら読む本」です。なぜならこの本には「パン作りのなぜ?」に1つ1つ丁寧に答えてくれるQ&Aがついているからです。

パン作りの初心者の方で、もうちょっと詳しくなりたい!という方、必見です。

 

「パン作りに困ったら読む本」の概要

パン作り初心者の方に絶対的に一押しなのが、この「パン作りに困ったら読む本」です。僕もパン作りを始めた頃、とってもお世話になりました。

書いているのは辻調グループの教授陣。辻調グループは、日本を代表する調理や製菓製パンの専門学校を運営しています。なので、パン作りを教えるプロによる解説本というわけですね。専門学校の先生なだけあって、丁寧な解説が印象的です。

内容的にも家庭で考えられる疑問はほとんど解決してくれると思われるほど。正直、パン屋さんで働いている職人もこの本の内容を全部答えられるかと言われると怪しいです。笑

それだけ濃い内容になっているので、パン作りに慣れている方が読んでも何かしらの学びがあるんじゃないかと思います。

 

なんと言ってもQ&Aが豊富

この本の良いところは、パン作りのQ&A集がついているところです!

なんと、後半が全てパン作りに関するQ&Aで構成されていて、初心者が疑問を持ちやすい「パン作りのなぜ?」に1つ1つ丁寧に答えています。

初めてのパン作りはドキドキワクワクですよね。「レシピ通り出来るかな?」「ちゃんと膨らむかな?」手間暇をかけて焼き上がったパンを食べる時の喜びといったら言葉では言い表せないほどです。

しかし何度も作っているうちに段々、「なんでうまく膨らまなかったんだろう?」「パン教室で作ったのと違うのはなんで?」「この工程はなぜ必要?」といった疑問が湧いてくるものです。

これの疑問を放ったらかしにして、ゆる〜くパン作りするのも良いとは思うんですが、「もうちょっと詳しくなって、より美味しいパンが焼きたい!」と思う方も多いのです。

で、その「もうちょっと詳しくなりたい」という私たちの欲求を見事に解決してくれるのが、この「パン作りに困ったら読む本」というわけです。

 

レシピの数は多くない

この本は「とにかくレシピが沢山載っていればいい!」という方にはおすすめできません。

先程も書いたように本の後半は全てQ&Aで構成されています。そして1つ1つの基本のパンを写真付きで丁寧に解説しているので、どうしてもレシピの数自体はあまり多くありません。

なので、色々な種類のレシピを参考にしたい、という方には向いていません。どちらかというと「パンの勉強をしてみたい」「パン作りが上手になりたい」方向けです。

 

上達を目指す初心者の方におすすめ

まとめです。

  • 本の半分はパン作りのQ&Aで構成されている
  • 辻調グループの教授陣の解説が丁寧で分かりやすい
  • レシピの数は多くない
  • パン作りの上達を目指す初心者の方におすすめ

 

パン作りに困ったら読む本を購入する