【どんな売り方があるの?】パン屋さんの販路開拓まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

パン職人。1989年生まれ。鳥取県鳥取市出身。

筑波大学卒業後、茨城県のパン屋で修行し、店長を経験。その後、結婚を機にふるさとの鳥取にUターン。

クラウドファンディングで開業資金を集め、「パン工房ほとり」を開業。

Twitterやってます。

(パンの購入はこちら)




こんにちは!しょうたん(@v_shota_v)です。

一概にパン屋さんといっても、お店での販売以外にも、いろんな販路(売り方)があります。

今回はパン屋さんにはどんな販路があるのか、まとめました。

開業を考えている方や、すでに経営されている方の、参考になればと思います。

 

販路とは

販路を辞書で引くと、「商品を売りさばく方面」とでてきます。

商品を売るためのルート(路)、ということですね。

 

パン屋さんの販路として考えられるもの

パン屋さんの販路として、次のようなものが考えられます。

  • お店での販売
  • 卸売(委託販売)
  • インターネット通販
  • 出店(イベントなど)
  • 宅配、移動販売

 

お店での販売

多くのパン屋さんにとってメインの販路となるのが、お店での販売です。

  • 「セルフ式」…お店に商品を並べて販売する
  • 「対面式」…ケーキ屋さんのようにショーケースに並べて店員さんに注文する
  • 「予約制」…(電話やWebなどから)あらかじめご予約いただいた商品を渡す

といった方法で販売されています。

 

卸売(委託販売)

卸売とは、スーパーや道の駅といった販売店でパンを販売する方法です。

普通の卸売と、手数料を払って代わりに売ってもらう委託販売に別れます。

詳しくは次の記事を参考になさってください。

関連記事:パン屋さんが卸売をするメリット・デメリット

 

インターネット通販

「オンライン販売」「ネット販売」「非対面販売」などとも呼ばれます。

いずれもインターネット上で注文を受け、運送会社を通じて商品を届ける方法です。

焼き菓子などは常温、パンは冷凍が多いですが、商品によって異なります。

会計はクレジットカードや銀行振込、コンビニ払いなどが主流です。

楽天・Amazonなどに出店するほか、Creema・minneといった手作り通販サイト、BASEなどを利用して自分の通販サイトを作る、といった方法があります。

 

関連記事:【誰でもできる】パン屋さんがインターネット通販を始める方法

関連記事:ネットショップ初心者はBASEがおすすめ!【無料簡単】

 

出店(イベントなど)

都市部でも地方でも多くのイベントが催されているので、週末は集客の見込めるイベントに出かける、というパン屋さん、よく見かけますね。

特に個人店で、自分のお店の集客力が大きくない場合は、頼りになるでしょう。

ただし、出店にはテントやテーブルを組み立てたりと、何かと人手が必要になる場合もあります。

また、別途ドリンクやその場で調理するものを提供する場合は、飲食店営業(露天)の許可が必要になりますので、自治体の保健所に確認しましょう。

(菓子製造業の許可を得ている場所で作ったパンや焼菓子を、販売するのは問題ありません。)

 

関連記事:飲食店営業(露天)の許可を得るためにやったこと

関連記事:自宅で菓子製造業の許可を得るためにやったこと

 

宅配、移動販売

車などで商品を運びながら販売するスタイルです。

あらかじめ電話やインターネットなどで注文をとって宅配したり、スーパーの入口や公園などで許可を得て販売したりします。

宅配の場合は注文してもらうハードルが高いですが、確実に売ることができるので安心です。

スーパーや公園の場合は、許可を得るのが難しい場合もあります。こちらは事業者さんや自治体との交渉になります。

いずれにしても、自分から行動できるタイプの方が向いていると思います。

 

まとめ

一概にパンを売るといっても、様々な方法があります。

それぞれのメリット・デメリットがあったり、そのお店のスタイルや店主の考え方、そして向き不向きなどによって、どれを選択すべきか変わってきます。

せっかくするなら、無理なく楽しく続けられる方法が良いですよね。

ぜひ、自分なりのスタイルを見つけていってください。

この文章がお役に立てたなら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。