パン屋さんがネット通販をおこなうメリット・デメリット

ABOUTこの記事をかいた人

パン職人。1989年生まれ。鳥取県鳥取市出身。

筑波大学卒業後、茨城県のパン屋で修行し、店長を経験。その後、結婚を機にふるさとの鳥取にUターン。

クラウドファンディングで開業資金を集め、「パン工房ほとり」を開業。

Twitterやってます。

(パンの購入はこちら)




こんにちは!しょうたん(@v_shota_v)です。

パン屋さんを経営されている方、これから開業される方の中には、「ネット通販って実際どうなんだろう?」と思われている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、パン屋さんがネット通販をするメリット・デメリットをまとめました。

 

ネット通販とは

ネット通販とは、インターネットを通じて注文を受け、運送会社を通じて商品をお届けする販売方法です。

冷凍・常温どちらもありますが、パンは冷凍、焼き菓子は常温で送ることが多いようです。

いまではたくさんのパン屋さんがネット通販に参入しています。

 

パン屋さんがネット通販をおこなうメリット

パン屋さんがネット通販をおこなうメリットには、次のようなものがあります。

  • 世界中の人に商品を届けることができる
  • セット販売により単価アップが見込める

 

世界中の人に商品を届けることができる

パン屋さんはふつう、近隣の方がメインのお客さまですが、ネット通販を使えば、遠く離れた人に商品を届けることができます。

そのため、うまく売ることができれば売上を上げることができます。ネット通販専門のパン屋さんがあるくらいなので、可能性は大きいです。

また、お店のある地域以外のファンも増えることが期待できます。

 

セット販売により単価アップが見込める

通販では商品1つ1つを販売するよりも、まとめ買いをしてもらいやすいです。

なぜなら、送料がかかるので、まとめ買いのほうがお得感があるからです。

いくつかの種類の商品をまとめる場合もあれば、1つの商品をたくさんまとめる場合もあります。

 

パン屋さんがネット通販をおこなうデメリット

パン屋さんがネット通販をおこなうデメリットは、次のようなものがあります。

  • 焼き立てを食べてもらうことができない
  • 多くの場合、手数料がかかる
  • 梱包や発送に、手間もお金もかかる

 

焼き立てを食べてもらうことができない

焼き上がってから到着まであるていど時間がかかってしまうため、どうしても焼きたてを食べてもらうことは難しくなります。

パンの場合は冷凍で発送し、お客さまにトーストして食べていただくのが基本の形になるでしょう。ときには冷凍をすることを前提に、新しい商品を開発することも必要になります。

ただし、パン屋さんの商品のなかでもパンではなく焼き菓子を送る場合は、日持ちするため、あまり気にしなくても良いでしょう。

 

多くの場合、手数料がかかる

ネット通販を始めるために、楽天やCreema、BASEといった、簡単にインターネット上にお店を作ることができる仕組みを利用する場合が多いです。

これらを使用する場合、それぞれの条件に応じた手数料を支払う必要があります。

また、自社サイトを使用する場合は手数料はかかりませんが、管理のための費用(サーバー代やドメイン代)がかかります。

 

梱包や発送に、手間もお金もかかる

商品を袋に入れたり、ラベルを貼ったり、ダンボールに詰めたりと、手間がかかります。また包材も買わなくてはいけないので、お金もかかります。

発送に関しても、お客さまが送料を全額負担する場合はよいのですが、「◯◯円以上で送料無料」といった売り方をする場合は、お店側に負担がかかります。

なお、冷凍でパンを送る場合は、常温の場合よりも割高になります。

また、運送会社の営業所に持ち込みするなら、ガソリン代や、その持ち運びに手間がかかります。

 

まとめ

パンは日持ちのしない食べ物です。

そのため、パン屋さんは基本的に、地域の方向けに商売をします。

しかし、ネット通販を使えば、遠方の方にパンを食べてもらうことが可能です。これが最大のメリットでうす。

もちろんたくさんのデメリットもありますが、ネット通販に適した商品やセット、販売価格などを上手に設定すれば、多くの方に喜んでいただける可能性があると思います。

この記事が何かしらお役にたてれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。