【パン作りおすすめ本】基礎からわかる製パン技術

ABOUTこの記事をかいた人

パン職人。1989年生まれ。鳥取県鳥取市出身。

筑波大学卒業後、茨城県のパン屋で修行し、店長を経験。その後、結婚を機にふるさとの鳥取にUターン。

クラウドファンディングで開業資金を集め、「パン工房ほとり」を開業。

パン職人専門オンラインサロン「パンと生きる」オーナー。Twitterも更新中。

(パンの購入はこちら)




こんにちは!しょうたん(@v_shota_v)です。

パン作り上達したいけど、何を勉強していいか分からない!という方、多いんじゃないかと思います。

そんなあなたにおすすめの本が、「基礎からわかる製パン技術」です。

この本は専門学校の先生がパン作りの基本を丁寧に解説しているので、脱初心者を目指す方やプロを志す方にとって最初の一冊として最適なんです。

 

「基礎からわかる製パン技術」の概要

 

さて「基礎からわかる製パン技術」は先程も書いたとおり、専門学校の先生が書いています。吉野精一さんといって、エコール辻大阪辻製パンマスターカレッジ製パン専任教授をされている方です。

専門学校の先生(しかも超ベテラン!)の書いた本なので、基本に忠実に書かれているのが特徴ですね。この本に書いてあるとおりに作れば、パン屋さんと同じレベルのパンが焼けると思います。

僕はパン作りは自由だと思っています。基本も何も、食べて美味しければOK!という考え方です。だけど、基本を知らないことには応用も何もありませんから、基本を知ることが大事。

そういった意味で、この本は「基本を学ぶための一冊」に最適です。

 

これ一冊でパン作りの基礎はOK!

この本は何が良いかというと、パン作りの基礎が一冊で網羅されているところです。

本の冒頭では、材料一つ一つの役割やパンが焼き上がるまでの工程について、1つ1つ詳しく書かれています。そしてその後、基本となるレシピがオールカラー写真入りで解説されています。

パン作りって、理論を学ばないと応用が効きづらいんですよね。最初はレシピ通りに作れるようになれれば良いんですけど、それ以上を目指そうと思ったら、「何でこの工程が必要なのか」とか「この材料の役割って何だろう」といったことが理解できないといけない。

そのときに、こういった基本を丁寧にまとめた本が役に立つというわけです。

まるでパンの教科書そのもの。僕は専門学校に行っていないので分からないんですが、学校行かなくてもこの本だけ熟読すればいいんじゃないかな、なんて思っています。

 

重い、大きい、そして高価。

この本について問題があるとすれば、それは内容ではなく、重い!大きい!そして高価!というところ。

本を読みながらパンを作ろうというのは、とてもむずかしいと思います。手に持ちながらどころか、開いて置いておくのも難しいサイズです。そういった器具をお持ちの方は良いかもしれませんが…。

そしてとても高価です。5,000円くらいするので、勇気を出さないと買えないですよね。僕も欲しいなと思ってから買うまで数ヶ月かかりました。クレジットカードのポイントを貯めて、それでもらった1万円分の図書カードで買ったの覚えています。笑

そういったわけで、パン作りを本気で学びたい人におすすめです。

 

パン作りの上達を目指す方の最初の一冊に

この本の特徴は、以下のとおりです。

  • 基本に忠実
  • 専門学校の先生による丁寧な解説
  • レシピ解説がオールカラー写真付き
  • 重い、大きい
  • 価格が高い

 

オールカラーで分厚いので多少値は張りますが、そこから得られる知識を考えれば安いものと思います。

脱初心者したい、パン屋さんになりたい、専門的な知識を身に着けたいという方の最初の一冊として間違いなくオススメです!

「基礎からわかる製パン技術」を購入する