パン屋さんの大型店やチェーン店で働くメリット・デメリット【就職・転職】

ABOUTこの記事をかいた人

パン職人。1989年生まれ。鳥取県鳥取市出身。

筑波大学卒業後、茨城県のパン屋で修行し、店長を経験。その後、結婚を機にふるさとの鳥取にUターン。

クラウドファンディングで開業資金を集め、「パン工房ほとり」を開業。

Twitterやってます。

(パンの購入はこちら)




こんにちは!しょうたん(@v_shota_v)です。

パン屋さんで働いている人、またパン屋さんの仕事に興味がある人の中には、

  • 個人店と大型店、どういった違いがあるの?
  • 独立志望なんだけど、個人店とチェーン店、どっちがいいの?
  • 大型店やチェーン店で働くと、どんな良いことや悪いことがあるの?

 

といった方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、パン屋さんの大型店やチェーン店で働くメリット・デメリットについてまとめました。

 

なお、個人店についてはこちらの記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

関連記事:パン屋さんの個人店で働くメリット・デメリット【就職・転職】

 

また、パン屋さんの転職全般についてはこちらをどうぞ。

関連記事:未経験から正社員も!パン屋さんの転職まとめ

 

パン屋さんの大型店・チェーン店とは

パン屋さんの大型店やチェーン店とは、一般的に次のようなお店を指します。

  • 複数の店舗をチェーン展開している
  • 1つの店舗でも、カフェ・レストラン併設など規模が大きく、また沢山のスタッフが働いている
  • 法人(会社)として経営している

 

ざっくりこういったお店ではあるのですが、正確な定義はありません。なので、話す人やその場面によって、少しずつ変わってきてしまうと思っておいたほうが良いと思います。

また、対となる概念として個人店がありますが、個人店と呼ばれるお店でも複数の店舗を経営していることもあるし、法人化していることもあります。

なので、これらの言葉の使い分けは、かなりぼんやりしていると認識しておきましょう。

 

大型店・チェーン店で働くメリット

大型店・チェーン店で働くメリットには次のようなものがあります。

  • 労働環境が整っている
  • ルールや決まりごとが整備されている
  • ビジネス面で参考になる
  • 逃げ道がある

 

労働環境が整っている

大型店やチェーン店では、労働環境が整っている場合が多いと思います。

なぜなら、大型店やチェーン店ではある程度大きな規模で経営しており、雇用されている人も多いため、経営者側も労働者側も、労働環境に対する意識が高まりやすいからです。

また、ある程度規模が大きいがゆえに、労働基準監督署が厳しく見張っている、という理由もあります。

具体的には、労働時間がきちんと管理されていたり、残業があれば残業代が支給されたり、各種手当や福利厚生が用意されていたり、といったことです。

一方で、個人店では労働環境が整っていない場合が多い傾向にあります。

ただ、これらはあくまで傾向なので、実際にはそのお店や会社で働いてみないと分からないことが多いのも、実際のところでしょう。

 

関連記事:激務できつい?パン屋さんの仕事の大変なところ・つらいところ【就職・転職】

 

ルールや決まりごとが整備されている

大型店やチェーン店では、ルールや決まりごとが整備されている傾向にあります。文章に起こされマニュアル化されているお店もあると思います。

なぜなら、大型店やチェーン店は規模が大きく、働くスタッフの人数も多いし入れ替わりも激しくなるため、ルールや決まりごとをきちんと決めておかないと、お店の質が低下してしまうからです。

チェーン展開しているなら、全店舗で共有されているルールや決まりごともあるでしょう。

一方で個人店では、ルールや決まりごとは口頭で伝えるだけ、といった場合も多いでしょう。これは規模が小さいからできることで、大型店やチェーン店で口頭のみにしてしまうと、混乱の元になってしまいます。

 

ビジネス面で参考になる

大型店やチェーン店は、「個人店が商売でうまくいったため規模を拡大した」という場合がよくあるため、ビジネス面で参考になることが多いと思います。

たとえば、次のような部分です。

  • とにかくパンが美味しい
  • 利益がきっちり出るように、商品の構成や価格を決めている
  • 作業量が多すぎないように、こだわるところと楽をするところのメリハリを作っている
  • PRがうまい
  • 接客やPOPまで気を配っている

 

とくに独立開業を目指す人にとっては、こういった部分をしっかり目で見て学ぶことが大事だと思います。

 

関連記事:自宅がおすすめ!?小さなパン屋さん開業講座

 

逃げ道がある

もし人間関係のトラブルがあったり、辛いことがあったりしたとき、大型店やチェーン店なら逃げ道があることが多いです。

なぜなら、大型店では1つの店舗でもポジションがたくさんあるので、他のポジションに移ることで問題を避けることができるし、チェーン店では他店舗に行くという手もあるからです。

当然、逃げるのではなく問題そのものを解決できれば良いのですが、実際問題、そうもいかないことも沢山あると思います。

それで体調を崩してしまったら元も子もないですからね。ときには逃げることも必要と思います。逃げ道があることで、ある日突然体調を崩して仕事を失うということも防げるかもしれません。

ただ、こういったことは自分ひとりで何とかなるわけじゃなくて、経営者や上司、シェフなどに相談する必要もあるので、逃げ道があるからといって勝手はできないということは認識しておきましょう。

 

大型店・チェーン店で働くデメリット

大型店・チェーン店で働くデメリットには次のようなものがあります。

  • 経営者やシェフとの距離が遠い
  • 任される仕事の幅がせまい

 

経営者やシェフとの距離が遠い

経営者やシェフとの距離が遠いと、スキルの取得や学びが少なくなってしまう可能性があります。

なぜなら、経営者やシェフというのは、パン作り、お店づくり、経営などに対して、他の誰よりも高いレベルで考えていることが多いからです。

こういった人の近くにいるだけで良い影響を受けて学ぶことができるし、よく目を凝らして仕事を盗むことができれば大きなレベルアップに繋がります。

大型店やチェーン店では、同じ店舗の中に経営者やシェフがいない場合も多いし、いたとしても近くで仕事できるとは限りません。

一方で、個人店では多くの場合で経営者やシェフの近くで仕事ができたり、直接仕事を教わることができるので、それだけ高いレベルで技術を身に着けたり、学びがあったりするでしょう。

 

任される仕事の幅がせまい

大型店やチェーン店では、多くの場合、分業制で仕事を進めます。そのため、どうしても任される仕事の幅がせまくなります。

たとえば、製造スタッフの方で、入社から3年経っても、パンを焼成する窯(オーブン)しかやったことがない、なんてこともあるんです。

また、本当は製造がやりたいのに、販売スタッフがいつも人手不足で、何年も販売スタッフのままの人もいます。

これらは当然、個人のスキルレベルや成長スピードによって変わってきます。

しかしどうしても、大型店やチェーン店では、みんなで力を合わせて1つの組織として結果を求めていくので、こういった傾向が強くなってしまうのです。

 

パン屋さんの大型店・チェーン店まとめ

  • パン屋さんの大型店やチェーン店は、一般的に次のようなお店
    • 複数の店舗をチェーン展開している
    • 1つの店舗でも、カフェ・レストラン併設など規模が大きく、また沢山のスタッフが働いている
    • 法人(会社)として経営している
  • 大型店・チェーン店で働くメリット
    • 労働環境が整っている
    • ルールや決まりごとが整備されている
    • ビジネス面で参考になる
    • 逃げ道がある
  • 大型店・チェーン店で働くデメリット
    • 経営者やシェフとの距離が遠い
    • 任される仕事の幅がせまい

 

パン屋さんの大型店やチェーン店は、個人店と比べていろいろな面で整っている部分が多いので、どちらかというと安定志向の人に向いていると思います。

僕個人の考えでは、独立志向の人は個人店、サラリーマン志向の人は大型店やチェーン店、ですね。

もちろん、お店や会社によって差があるので、自分で足を運んで、実際に働いてみて、違うと思ったら職場を変える、くらいフットワークが軽くてもいいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何かしらお役に立てたら嬉しいです。